HOME > インプラント矯正

インプラント矯正

インプラント矯正とは

インプラント矯正とはのイメージ

患者様の治療への協力度を最小限にすませることができるなどのメリットがある新しい矯正歯科治療です。
矯正歯科治療の期間中にチタン合金製のスクリューを一時的にあごの骨に埋め込み、歯を移動させるための固定源することで、これまで困難とされていた歯の移動を可能にすることができます。
また治療期間の短縮、外科的なアプローチが必要な治療を矯正歯科単独ですることもできます。

インプラント矯正のメリット・デメリット

メリット
  • 治療の確実性が増すため、治療期間は従来より短縮可能。
  • 矯正装置を減らし、患者様の協力度を最小限にとどめ、治療中のストレスを軽減させます。
  • 確実な固定源を確保することにより、歯を抜かないで矯正歯科治療できる可能性が広がります。
  • 外科的なアプローチが併せて必要なケースを矯正歯科単独での治療できる可能性が広がります。
デメリット
  • インプラントを埋め込むための歯科手術が必要になります。
  • 術後にインプラント周囲を清潔にしていないと歯肉炎等感染をおこす場合があります。
  • スクリューが脱落した場合、違う部位に再度埋入する必要があります。

インプラント矯正の手順

1. インプラントスクリューの植立(1本42000円)

表面麻酔→浸潤麻酔→インプラントスクリューの埋入→消毒

術後腫れることもありますが、2~3日で治まりますのでご心配ありません。術後に痛みが残る場合鎮痛剤を処方いたしますが、基本的に日常生活に支障をきたすことはありません。

2. インプラントスクリューの経過観察
スクリューの植立が安定するまで、最初の2週間ぐらいはあまり歯ブラシなどを当てたりせずに安静にします。安定するまでおよそ2~3ヶ月待ちます。

3. 歯の移動の開始
十分安定したら、スクリューを固定源にして、エラスティックやコイルスプリングを使って歯の移動を開始します。治療中にスクリューが緩んだりはずれてしまったら、再度新しいスクリューを違う部位に埋入します。

4. インプラントスクリューの撤去
歯の移動が終わり、スクリューが不要となりましたら撤去しますが、埋入時と逆回転してはずします。その際、ほとんど痛みは感じません。はずした後は、およそ1週間以内にもとの状態に治ります。

インプラントスクリューの脱落

インプラントスクリューは、骨や歯肉(歯ぐき)の状態によっては矯正治療を開始する前でも早期に動揺し脱落してくることがあります。
術後しばらく経過観察を行い、経過が思わしくない場合など早期に除去し、異なる部位に再度挿入することがあります。
状況にもよりますが、再挿入の場合は1本10500円となります。

新着情報

一覧を見る

2010/11/15

インプラントサイトをOPENしました! これからも宜しくお願い致します。

アクセス

川田デンタルクリニック

〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台2-27-15
東永ビル(クリニックビル)3F

営業/診療時間
午前 9:30~13:00
午後 14:30~19:00
※土曜日は17:00までの診療
※診療受け付けは30分前まで

お問い合わせ 詳しくはこちら