HOME > インプラント治療をお考えの方へ

インプラント治療をお考えの方へ

インプラント治療とは

インプラント治療とはのイメージ

※1歯あたり約30万円。

インプラントというのは歯が抜けて困っている人に向けた最良の治療です。抜けた箇所の顎骨に人口歯根を埋め込み、そして新しい歯を入れ込みます。
顎骨と固定しているためあまりガタつかず、本来の自分の歯のような噛み合わせを味わうことが出来ます。
また、材質はセラミック等で行うことが多いので、見た目の審美性も他の歯に引けを取りません。
このため、インプラントは『第3の歯』と呼ばれることが多いです。

インプラント治療の流れはこちら

インプラントのメリットとデメリット

インプラントのメリット
インプラントのデメリット

料金のご案内

診査・診断 ※必須\10,500
検査(CTなど施設へ紹介)約\20,000
一次手術(骨への埋入)※必須\210,000(1歯)
二次手術\10,500(1歯)
上部構造 ※必須\52,500~84,000+クラウン(1歯)
骨造成手術(自家骨・人工骨)\105,000(1部位)

Simplant(シンプラント)とは?

Simplant(シンプラント)とは?のイメージ

インプラント3D診断CTスキャンです。
最近の歯医者では、CT撮影をしないで、歯科用レントゲンだけに頼った画像診断が殆どです。ですから日本は外国から「インプラント先進国」と言われません。真摯にインプラント治療に取り組んでいる歯医者では、画像診断にはCT撮影を行います。

シンプラントを利用するメリット

シンプラントはサージカルガイドを併用することにより、より正確なオペ方法を選択することができます。なぜならシンプラントは、世界中の主要メーカーの様々な型のインプラントに対応しておりますので、症例によって異なるインプラントを使い分けることが可能です。インプラント治療の成功率をより高め、かつ安全に行うためには事前の検査をどれだけ徹底して行うかにかかってきます。事前検査ではCT等を活用して顎骨の正確な状態を把握するのがベストです。

従来のレントゲン写真

歯や骨の状態を平面的にしか把握できませんでした。

シンプラントによる画像診断

歯や骨の状態を立体的に把握することができます。
また術前のシミュレーションがコンピューター上で行えます。

従来のレントゲンのみで診断する方法だと、非常に重要な歯や骨の状態を立体的に診ることができなかったため、手術においては医師の経験と勘が頼りでした。
しかしシンプラントを利用することで、より正確に歯や骨の状態を立体的に把握することができます。コンピューター上で手術のシミュレーションも行えるので、実際の手術の精度も格段に上がります。また患者様に対しても非常に解りやすく手術の経緯をご説明することができます。
歯科医師の技術とシンプラントといった最新のシステムがあれば患者様の安全をより確かなものにすることができます。川田デンタルクリニックでは、歯科用CT撮影、専用ソフトによる高度なCTデータ解析をすべて当院でおこなっております。そのため、CT撮影からCT画像表示は撮影直後、専用ソフトによる高度な解析は最短で1日で診察室のモニターでアニメーションによるCT画像を見ていただくことができます。これは、治療期間はもとより費用の面でも患者さまに有益なります。

新着情報

一覧を見る

2010/11/15

インプラントサイトをOPENしました! これからも宜しくお願い致します。

アクセス

川田デンタルクリニック

〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台2-27-15
東永ビル(クリニックビル)3F

営業/診療時間
午前 9:30~13:00
午後 14:30~19:00
※土曜日は17:00までの診療
※診療受け付けは30分前まで

お問い合わせ 詳しくはこちら