HOME > 口腔外科専門医とは > 口腔ガン

口腔ガン

口腔がん

口元のイメージ 口腔癌の種類
  • 舌癌
  • 口底癌
  • 口唇癌
  • 歯肉癌
  • 頬粘膜癌
  • 硬口蓋癌

口腔癌は頭頸部がんの一種です。
口腔癌には舌にできる舌がん、舌と歯茎の間にできる口腔底がん、歯茎にできる歯肉がん、頬の内側粘膜にできる頬粘膜(きょうねんまく)がん、口の天井部分にできる硬口蓋がんがあり、最も発生しやすいのは舌がんになります。
口腔がんは珍しく、全てのがんを併せても全体の1%~2%程度しか発生しません。

口腔がん(癌)の原因

口腔がんの発生は口腔内が、虫歯や義歯で常に舌などに刺激がある人が多いです。また、他の頭頸部がん同様にタバコ、お酒も発生原因ですが、男女比が同程度であるため不衛生や刺激などのほうが主原因であると思われます。熱い食べ物や辛い刺激の強い食べ物を好んで食べる人の発生も多いです。
口腔の粘膜細胞が常に傷つき、細胞の遺伝子(DNA)ががん化しやすいためで、タバコやお酒、刺激のあるものを食べる機会が多い方は遺伝子を傷つける可能性が高く、口腔がんの発生リスクが高まります。食生活や嗜好品などの生活習慣に気をつけていれば食道がんや喉頭がん、咽頭がん、舌がんなどの発生リスクは大幅に低下しやすいので、予防のためには大切です。

口腔がんの症状

男性のイメージ 口腔がんの症状
  • 触ると硬い(硬結を触れる、しこりがある)
  • 境界が不明瞭
  • 潰瘍を形成
  • 見た目がグロテスク
  • 自然出血がある
  • リンパ節が腫れる
  • 痛みがある
  • しばしば白板症や紅板症を伴う

口腔癌の症状には上記のような症状があります。ただ必ずしも全ての条件を満たしているとは限りません。他の疾患との鑑別も必要になります。正確に診断するためには、大学病院などの専門機関で組織検査を行う必要があります。

口腔がんの検査について

検査機器のイメージ 口腔がん(癌)の検査

口腔がんの検査は、視診と触診が最初に行われます。
患者さんの口腔内を専門医が詳細に観察し、触ったり、見ることで検査します。
また首のリンパ節に転移しやすいため丁寧に触診しリンパ節の腫れ具合なども確認します。
がんが疑わしい場合には、組織の一部を採取して顕微鏡で調べる生検が行われ、がんが確定されます。
がんが確定されるとCT検査、MRI検査などの画像検査によってがんの進行度や転移の有無を調べます。

CT検査(口腔がんの検査)

CT検査(CTスキャン)はいろいろな角度から体内の詳細な画像を連続的に撮影しコンピューターを使って 非常に鮮明な画像を得ることができます。他の臓器やリンパ節転移の有無を調べることができ癌の進行具合を調べるためには重要な検査になります。
※川田デンタルクリニックには設備がありませんので、必要であれば適切な施設へのご紹介を致します。

MRI検査(口腔がんの検査)

MRI検査は磁場を使って体内の詳細な画像をいろいろな角度から連続的に撮影する検査です。他の臓器やリンパ節転移の有無を調べることができ、癌の進行具合を調べるためには重要な検査になります。
※川田デンタルクリニックには設備がありませんので、必要であれば適切な施設へのご紹介を致します。

口腔がん(癌)の治療

<治療方法を決めるにあたり>
口腔癌の治療は、医師の協力の下で治療方針、メリット・デメリット、治療期間などの説明を十分にうけて、患者さんが自分の価値観などを考慮し、最終的な治療方法を患者さんが決定する時代になりつつあります。
また医療の進歩とともに口腔癌の治療方法も多様化してきており、医師によって治療方法が異なることは珍しくなく、主治医以外の医師の意見を聞くセカンド・オピニオンを求めることが必要な時代になってきました。

早期発見

口腔がんは、早期で治療すれば約80%が治るとされています。口腔がん全体で見ると、約60%に完治が期待できます。
がん検診の目的は、がんを発見することでなく、最終的にはがんによる死亡率を下げることにあるといわれる。

新着情報

一覧を見る

2010/11/15

インプラントサイトをOPENしました! これからも宜しくお願い致します。

アクセス

川田デンタルクリニック

〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台2-27-15
東永ビル(クリニックビル)3F

営業/診療時間
午前 9:30~13:00
午後 14:30~19:00
※土曜日は17:00までの診療
※診療受け付けは30分前まで

お問い合わせ 詳しくはこちら