HOME > 口腔外科専門医とは > 顎関節症

顎関節症

顎関節症とは

顎関節症のイメージ

顎(あご)は複雑な機能があり微妙に入り組んだ形になっております。
ここには筋肉・関節・神経が集中し、下の顎をささえており、食事や、おしゃべりしたりすると連動して動きます。
この顎の関節やその周囲が何らかの原因で痛みや動きにくくなるのが顎関節症です。

最近、あごの関節の不快感を訴える方が増えてますが、あごが思い通りに動かず、食べ物が噛みにくい。痛みを感じて口が開かない。あごを動かすと不快な音が聞こえる。症状は顎ばかりでなく、肩こりとか、腕や指のしびれ、偏頭痛、耳や鼻にも不快感を覚えることもあり、人によっては軽い症状から重い症状まで、個人差が大きいのが特徴です。
ただし、早期に適切な対処を行うことで日常生活に支障をきたすことがない状態にもっていけるものが多いです。
重い症状の場合、あごの機能が完全に破壊されてしまうこともまれにあります。
思い当たるフシがあるのなら早めの診察をお勧め致します。

顎関節症の原因

歯の噛み合わせが悪くて顎関節症になる場合が多いようです。
またストレスや精神的緊張があごの周りの筋肉を緊張させることによって噛み合わせが不安定になり、無理な力が関節にかかり顎関節に負担をかけます。
歯ぎしりも顎の関節に大きな負担となることがあります。
顎関節症の誘因としては原因が1つだけではなく、多数の原因が重なりあって様々な症状がでることが多いようです。

顎関節症の治療法

噛み合わせを治すことが重要です。
スプリント(マウスピースのようなもの)を下あごもしくは上あごにいれ、上下の噛み合わせが均等に接するようにします。そうすると顎の関節が正しい位置に戻り、筋肉の緊張がとれて、スムーズに動かすことができるようになります。
さらに微調整をくり返し、症状が取れた段階で、必要があればかぶせものや入れ歯などを入れたりする事で、噛み合わせの関係を治したりします。

顎関節のセルフケア

女性のイメージ

日常生活を見直すことを中心としたセルフケアが顎関節症を治療する上で重要です。症状によって注意点が違いますので、以下にチェックした項目などを、気をつけて下さい。
運動に関しては、説明を受け、理解した上で正しく行なってください。なお、症状が悪化するようなことがあれば、すぐに中止してください。不明点はお気軽にご質問なさってください。

くいしばらないようにしてください。歯ぎしり・くいしばりは、顎関節症を悪化させます。

  • くちびるを閉じた状態で、上下の歯が1mmか2mm離れているように、心がけてください。
  • 「唇を閉じて、上下の歯を離し、顔の筋肉の力を抜く」ように心がけてください。

2~3週間くらいの間、あごを安静にするように、気をつけてください。

  • おロを大きく開けないようにしてください。あくびをする際など、特に注意が必要です。
  • かたい食べ物を控えてください。
  • ガムを噛まないようにしてください。

食事の際には、片側だけで噛まずに、両側を使って噛むようにしてください。

無理な姿勢をしないようにしてください。

  • 背すじを真直ぐにし、猫背にならないように気をつけてください。
  • 椅子にすわる時には、深く腰掛けてください。
  • 頭や肩が傾いていないか、あごを突き出していないか、鏡でチェックしてください。
  • パソコンやデスクワークなど集中するような仕事をする際には、時々、肩の力を抜いてください。
  • 電話をあごではさまないようにしてください。
  • 「ほおづえ」をつかないでください。
  • 足にあった靴をはき、無理のない姿勢で歩いてください。

寝る時の姿勢にも気をつけてください。

  • あごを枕に強く押し付けないようにしてください。
  • うつ伏せに寝ると、あごに無理な力がかかりますので、うつ伏せで寝ないでください。
  • からだにあった高さの枕を使ってください。

数日間ぐらい冷たい湿布をしてください。何日かたって、症状が軽くなってきたら、温かい湿布に変えてください。

  • こめかみ、あごの関節のまわり、ほほ、あごの下などをマッサージしてください。

一日のうちのどこかで、リラックスする時間を作ってください。

マッサージをしてください。入浴中にマッサージを行うと効果的です。

  • こめかみ、あごの関節のまわり、ほほ、あごの下などをマッサージしてください。
  • 頭の後ろ、首や肩の筋肉など、こっているところをマッサージしてください。

お顔の周囲のストレッチをしてください(首や肩に異常がある人は、行なわないでください)。

  • 急激に動かすと、首をいためてしまいますので、深呼吸しながらゆっくりストレッチをしてください。
  • 肩の力を抜いて、頭を前後左右にゆっくり傾けてください。
  • 肩を上下させたり、回転させたりしてください。

ご自身に合った適度な運動を、定期的に行なうように心がけてください。

その他

マウスピース(バイトプレート)治療の注意事項

顎関節症や歯ぎしり、睡眠時無呼吸症候群などでマウスピース治療を受けられる方へ
マウスピースをセットする上で、さまざまな症状が出ることがあります。
以下の項目についてご理解ください。

マウスピースをはめていると、歯が痛くなることがあります。

⇒次回まで、マウスピースは使用しないでください。
少しずつ、調整をしてまいります。

マウスピースをはずして暫くの間は、食事はしないでください。

⇒マウスピースの高さに顎関節が慣れているため、はずした直後はかみ合わせに違和感を感じることがあります。
30分程度で噛めるようになってきます。

きついマウスピースを無理に押し込んだり、はずしたりすると歯の詰め物やかぶせ物がはずれたり、歯がかけたりします。

⇒きつかったり、強く当たる、取り外ししにくい、などありましたら次回の診察まで無理はしないでおいてください。
状態によっては、使用しない方が良いこともあります。

診察の際は、毎回持参してください。調整してゆくことが治療になります。

マウスピースの管理

歯ブラシのイメージ

保険治療でマウスピースを作成できるのは、一初診一個だけです。
紛失、修復不可能な状態になってしまった場合は
3ヶ月程度間をあけて、再初診として治療を開始しますので大事に扱ってください。

はずしたら、歯ブラシで磨いて洗浄してください。
(歯磨き剤を用いても構いません)
(入歯洗浄剤を使用すると、きれいになります)

変形することがありますので、熱湯での消毒しないでください。

使用しない時は、極度に乾燥させないように容器に入れて保管してください。

その他、分からないことがありましたらお気軽にご質問ください。

新着情報

一覧を見る

2010/11/15

インプラントサイトをOPENしました! これからも宜しくお願い致します。

アクセス

川田デンタルクリニック

〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台2-27-15
東永ビル(クリニックビル)3F

営業/診療時間
午前 9:30~13:00
午後 14:30~19:00
※土曜日は17:00までの診療
※診療受け付けは30分前まで

お問い合わせ 詳しくはこちら